お金を払えば絶対に出会えるというわけではない

有料出会い系サイトをオススメできない理由は、お金を払ったからと言って絶対に出会えるわけではないからです。
もしも、ほぼ100%の確率で出会えるなら問答無用で推進させていただきますが、残念ながらそうではないのです。

確かに、有料サイトは全体的なサービスは優れていますし、便利な機能を搭載しているケースも多いです。
また、お金がかかるということもあり、真面目に出会いを探すユーザーもたくさんいます。

したがって、無料サイトよりも出会いやすいことは事実なのですが、逆に言えばそれだけなのです。
つまり、お金を払っても出会える保証はどこにもないわけですし、出会えなかったからと言って保障をしてもらえるわけでもないのです。

しかも、有料出会い系サイトはサクラを使っているところも多いですし、悪質と呼ばれるサイトも少なくないのです。
そういったことも考慮すると、有料サイトはかなりリスクが高いと言えるのです。

いくら出会いやすいとは言えども、それだけのリスクを背負って有料出会い系サイトを利用するのは、正直全く推奨できないのです。
それだったら、多少確率は下がったとしても、安心して出会いを探せる無料サイトの方がオススメできるわけです。

PRしないと競争には勝てない

推薦入試や就職活動などでは、自己PRがとても重要になってくるわけです。
もちろん出会い系サイトでも、自分を積極的にPRしないと競争に勝つことはできないのです。

ほとんどの出会い系サイトでは、男性の方が女性よりも会員数が多いので、普通にやるだけでは出会いを手にすることはできないのです。
他の男性よりも良い印象を持ってもらうために、自分をアピールしていくことが大事になってくるのです。

ただ、自己PRとは言っても自分の経歴の凄さや、自慢話をすればいいわけではありません。
むしろ、そういったアピールは逆効果になってしまう可能性が高いので、そこを勘違いしないようにしましょう。

例えば、自分はどういった目的や理由で出会いを探しているのか、そこを詳しく書くことで自己PRに繋がるのです。
また、趣味についても一言で済ましてしまうのではなく、どういった取り組みをしているのか、今までどんなことをしたのか、そういったことを書けば相手も好印象を持つのです。

つまり、大事なことは凄いアピールをするのではなく、1つ1つの項目をできるだけ詳細に記載して、自分のことを少しでも多く知ってもらうことなのです。

それができれば、必然的にたくさんの女性が自分に注目してくれるでしょうし、そこから出会いに繋がるチャンスを得られるのです。

ポイント制出会い系サイトのポイント

ポイント制出会い系サイトでは、サービス機能の利用に応じてポイントが消費されます。
メールの送受信や掲示板へのカキコミの場合は、1回〇〇ポイントと1回当たりの金額になります。
ですが、注意が必要なのはチャットです。チャットの場合は1回〇〇ポイントではなく、1分当たりでポイントが消費されます。
そのため、ついつい楽しくてチャットで話し込んでしまったという場合、すごい金額のポイントを消費する事になるので、時間に注意して下さい。

またポイント制出会い系サイト自体が、どうしても1ヶ月単位の利用料金が高くなる傾向があります。
使い過ぎないように、予算を立てて、その予算の内訳を考えてみるといいでしょう。
そうすれば、メールの場合は、月に〇通分送る事が出来るなど、目安が分かり、使い過ぎを予防する事が出来るかもしれません。

またポイント制サイトでは女性の方が無料で利用する事が出来るので、親しくなると女性の方は気軽に「おはよう」「おやすみ」など他愛もないメールを1日に何通も送ってくるようになるかもしれません。
確かに、気を許してくれるのは嬉しいのですが、1日に短文メールを何通もやり取りすると、すごく料金がかかってしまいます。
ここでお金が勿体ないから直アドでやり取りしない?などと言ってしまうと、ケチだと思われてしまいフラれてしまう可能性があります。
なので、短文メールではなく、長文メールを1日に1通やり取りするふうに、上手く誘導する事をおススメします。
またやけに短文メールでメールの回数が多い場合、相手はポイントを消費させる事を目的としたサクラの可能性もあります。
ポイント制のサイトでは、くれぐれもサクラに騙されないように注意する事が必要です。